これはしてはいけない!?家庭教師の注意事項

どんな服装で行けばいいの?NGな服装は?

基本的には派手すぎるような格好、ピアス、派手な色の髪色でなければ服装や髪形は何でもよいです。
といっても、基準が曖昧ではあります。
その時の判断基準としては、自分の子供を安心して任せることができると思えるような格好というものが基準です。
また、サンダルなど裸足で生徒の家に上がることになる履物は避けましょう。
さらにジーパンなどのカジュアルすぎるような服やタンクトップなどの露出の高い服も避けるのが無難です。

シワのひどいシャツや汚れたシャツなど、清潔感のない服装も避けなければなりません。
また、男性の場合は髭を剃るなどの身だしなみにも気を払いましょう。
生徒にも保護者の方にもさわやかな先生だと思われるような格好を心がけましょう。

その他注意事項について

家庭教師としてはもちろん勉強を教えることが仕事です。
しかし、それだけではなく、生徒、さらには保護者の方とも良好な関係を築く必要があります。
まず生徒に関して興味を持つことから始めてみましょう。
生徒自身も興味を持たれていると感じると、自ら話してくるようになります。
学校生活、部活、勉強の相談など家庭教師以前に人生の先輩として生徒に様々なことを教えたり、会話を楽しんでみましょう。
そうすることによって生徒も勉強の時間が楽しいと感じ、成績アップにつながるかもしれません。

また保護者の方と良好な関係を築くことも非常に大切です。
保護者の要望を聞いてそれを実現したり、普段の生徒の様子や学習内容の報告など、保護者とのコミュニケーションも重点的に行っていきましょう。


みんなにシェア

B!